山口県電波適正利用推進員の活動

令和4年8月6日(土)~7日(日)
防府市地域交流センター(アスピラート)で電波体験教室を開催

 山口県電波適正利用推進員協議会では、8月6日(土)、7日(日)の両日、防府市地域交流センター(アスピラート)において防府市アマチュア無線災害ボランティアの主催による電波体験教室を開催しました。
 二日間の参加者は、子供22名、保護者40名、会場関係者16名の合計78名でした。
 会場では、「電波くんのDVD」の視聴やアマチュア無線についての理解等をして頂くために「模擬モールス通信の体験」・「災害発生時のボランティア活動の啓発」・「グッズ」等を配布しての電波体験教室を行いました。
 初日の6日(土)には、総務省中国総合通信局からも参加して頂き、担当課の補佐より挨拶を頂きました。
 来場者から頂いたアンケートでは、子供からは「電波は身近なところで使われていることが良く分かりました。」・「モールス信号が思ったより難しかった。」等、保護者からは「とても役立つ教室だと思った。」・「電波について勉強が出来て良かった。」などの感想もあり電波の適正利用について周知啓発活動が出来ました。
 両日での開催により電波についての理解や電波の適正利用などについて理解して頂きました。

楽しく、親子電波教室のDVDを視聴

会場内で疑似モールス通信の実演

令和3年11月27日(土)
周南市岐山小学校で「わくわく電波教室」を開催

 山口県電波適正利用推進員協議会は、令和3年11月27日(土) 山口県周南市の岐山小学校で地元周南市の周南少年少女発明クラブによる「わくわく電波教室」を開催しました。
 当日は、関係団体のご理解、ご協力により参加総数23名(子供12名.保護者7名.関係者4名)で開催することが出来ました。
 内容としては、最初にDVD視聴により電波の適正利用について学び、次に、推進員によるラジオ製作における注意事項の説明を行い、その後、ラジオ製作に入りました。
 ラジオ製作では、推進員の指導のもと、子供達は緊張しながら懸命に取り組みました。
それでも最初は、ハンダの使い方も慣れなかったものが終了前には随分上手くなりました。
 ラジオ製作終了後には、ダイヤルを回しながら音楽が聞こえた時は、大変に喜んでおり、子供からは「電波の仕組みについて、よく知ることが出来た。」・「ハンダをコテでうまくつけることが出来た。」・「実際に音楽が聞こえてびっくりした。」また保護者からは「電波について知る機会が出来良かった。」・「電波に限りがあることを初めて知った。」等の声があがっていました。
 大変、有意義な1日を過ごすことが出来ました。
 なお、当日は、中国総合通信局からも参加していただきました。

関係者が参加者に挨拶

推進員がラジオ製作について説明

令和3年2月24日(水)
余田小学校で「出前の電波教室」を開催

 山口県電波適正利用推進員協議会は、2月24日(水)山口県柳井市の余田小学校で「出前の電波教室」を開催しました。
 当日は、新型コロナ感染症対策を行ったうえ、理科の授業としての一環で開催したもので、小学生6年生の生徒8名と関係者が参加しました。
 教室は、はじめにプロジェクターでの電波について説明(正しく使おう啓蒙、半田付けのアドバイス)を行った後、山口県協議会が準備した実験機材での実験(①パルスモーターの観測、②コヒーラ実験器での火花送信実験、③ライター火花、無線機の電波検出実験、④巻き線したコイルに磁石出し入れでコイルに電流が流れる実験)等、DVDの視聴・説明や半田付けの説明を行い、ラジオキットの製作を行いました。
 生徒からは、「電波はずっと使える訳でないことが分かった。」・「電波について色々なことが分かった、他に電波を使っている機械を調べてみたいと思いました。」・「初めは難しかったけど、どんどん組立て行く内に楽しく上手く出来た。」・「ラジオだけてなく他のものも作ってみたい。」などの感想がありました。
また、関係者からは「児童に分かり易く興味のあるような時間となりました、自分自身も知らないことがあり、とても勉強になりました。」・「制作中は、指導員の方から丁寧に教えて頂き自信を持つことが出来ました。」などの感想がありました。
 当日は、参加者、推進員ともとても有意義な1日となりました。

理科室で真剣に取組んでいます

制作後に生徒皆で写真撮影

令和2年2月26日(水)
柳井市立余田小学校で「わくわく電波教室」を開催

 山口県電波適正利用推進員協議会は、2月26日(水)に山口県柳井市の「柳井市立余田小学校」で「わくわく電波教室」を開催しました。
 本電波教室は、小学校の理科の授業の一環として開催しました。
最初にDVD「おもしろ電波教室」を視聴しました。その後、電波実験、推進員からのハンダの付け方等の注意事項の説明を行いラジオ制作に取組みました。
 参加した生徒10名からは、「DVDで電波のことが良く分かった」・「1秒間で電波が地球を7周半回ることが分かった」・「この世界は電波がとても使われていることとが分かった」・「ラジオは作れるし、身近の電波について知れて良かった」などの声があがっていました。

理科の授業でラジオ制作に取り組んでいます。

授業の一環として皆で取組みました。

令和2年1月18日(土)
「親子わくわく電波教室」を開催

 山口県電波適正利用推進員協議会は、今年に入り最初の電波教室を1月18日 (土)に熊毛郡田布施町の「東田布施公民館」で開催しました。
 子供16名・保護者7名計23名が参加して、電波の利用ルールについて学びました。
 電波教室では、最初にDVD「おもしろ電波教室」を視聴しました。
 その後、推進員からのハンダの付け方等の注意事項の説明を行いラジオ制作に取組みました。
 子供からは「DVDの解説が分り易かった」・「電波について色々なことが解った」、また、保護者からは「工作に興味を持ってもらうと嬉しいです」・「半田ヅケの体験は子供に大変役立った」などの声があがっていました。

DVDを視聴し電波について学んでいます。

保護者も頑張って取組んでいます。

12Next »


以前の報告はこちら>>

  • 周知啓発活動 地域のイベント等で電波の相談の受付やリーフレット等の配付を行っています。
  • 電波教室 ラジオを組み立てたり、DVDを見て楽しく電波への理解を深めます
  • 不法電波・不法無線局とは
  • 技適マークをチェック!! 詳しくはこちらへ
  • 電波をよく知るリンク集 電波をもっとよく知るためのリンク集です。
  • 電波博物館 Radio Wave Museum 電波を知る・学ぶコンテンツをご用意しています