ページ内リンク

〔1〕北陸管内の全無線局数(単位は千局)

関東管内全無線局数のグラフ

〔2〕北陸管内の混信申告件数と不法無線局出現件数

混信申告件数と不法無線局出現件数のグラフ
=管内の混信・妨害申告件数   =不法無線局等の出現件数
推進員活動と総合通信局との連携

 富山県電波適正利用推進員協議会は、北陸総合通信局と連携して電波の適正利用に関する周知啓発活動や相談業務などを行うほか、必要な場合には北陸総合通信局への取り次ぎなども行っています。

電波監視業務の内容
国(総務省)が行う業務
推進員が行う活動
周知啓発活動 ・電波利用者、一般市民等を対象に広く行う
 周知啓発業務
・地域での一般市民等に対する電波利用環境
 保護についての周知啓発
混信申告に基づく混信の排除 ・電波法に基づく法令執行
・混信申告の受付から処分に至る一連の業務
・電波利用者等から相談を受け、相談者に対する
 助言や総合通信局の相談窓口の紹介
不法無線局の取り締まり ・電波法に基づく法令執行を目的とした業務 ・市中の不法無線局の設置情報の報告
無線設備の販売状況調査 ・基準不適合設備の販売状況等の調査業務 ・市中の製造・販売段階にある基準不適合設備
 の報告
【総務省北陸総合通信局による不法無線局の取締り】
不法無線局を開設していた被疑者1名を摘発
−富山県富山南警察署と不法無線局の共同取締りを実施−
 北陸総合通信局では、平成24年6月28日、富山市内において、富山県富山南警察署と共同で、車両に設置している不法無線局の取締りを実施しました。
 この結果、不法無線局(不法アマチュア無線1局)を開設していた者1名を、電波法違反の容疑で摘発しました。
 不法無線局は、携帯電話、テレビ・ラジオの受信、消防・救急無線の通信などの妨害の原因となるものです。
 なお、摘発された者の容疑は、下記のとおりです。
 
富山県富山市に在住の被疑者A(男性運転手55才)は、不法アマチュア無線をトラックに開設していた。
 

 
【参考】

【不法無線局の妨害事例】

  1. 不法パーソナル無線
     現在、パーソナル無線に割り当てられている周波数帯は、昨今の携帯電話の急速な普及と正規パーソナル無線ユーザーの急激な減少から、平成24年7月25日以降、携帯電話でも順次使用されることになります。このため、パーソナル無線に許可された周波数帯であっても、無免許や改造したパーソナル無線を使用した場合、重要無線通信である携帯電話に妨害を与える可能性があります。
  2. 2 不法市民ラジオ
     不法市民ラジオは、船舶海難救助用等の重要無線通信に妨害を与え、船舶の緊急通信や安全航行が困難となり、人命に関わる場合もあります。
    また、不法無線機の出力が大きい場合は、テレビ・ラジオの受信に障害を与え、視聴が困難となります。近年は、電話機・コンピュータ等の電子機器にも障害を与えています。
  3. 不法アマチュア無線
     アマチュア無線は、無線従事者の資格と、無線局の免許の両方が必要です。
     しかし、免許を取得せず、無資格で電波を発射している不法無線局が多く見られます。 また、市販のアマチュア無線機を改造し、消防・救急・鉄道などの公共性の高い重要無線通信に妨害を与えています。
【参考】

電波法関係条文抜粋

  • 第4条 
    無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。

  • 第108条の2
    電気通信業務又は放送の業務の用に供する無線局の無線設備又は人命若しくは財産の保護、治安の維持、気象業務、電気事業に係る電気の供給の業務若しくは鉄道事業に係る列車の運行の業務の用に供する無線設備を損壊し、又はこれに物品を接触し、その他その無線設備の機能に障害を与えて無線通信を妨害した者は、5年以下の懲役又は250万円以下の罰金に処する。
    2 前項の未遂罪は、罰する。
    • 一 第4条の規定による免許(中略)がないのに、無線局を開設した者
    • 二 第4条の規定による免許(中略)がないのに、かつ、(中略)無線局を運用した者
    • 三 (以下省略)
[北陸総合通信局HPから(報道発表資料)]
不法無線局を開設していた被疑者1名を摘発
−富山県高岡警察署と不法無線局の共同取締りを実施−
 北陸総合通信局では、平成24年6月21日、富山県高岡警察署と共同で、車両に設置している不法無線局の取締りを実施しました。
 この結果、不法無線局(不法アマチュア無線1局)を開設していた者1名を、電波法違反の容疑で摘発しました。
 不法無線局は、携帯電話、テレビ・ラジオの受信、消防・救急無線の通信などの妨害の原因となるものです。
 なお、摘発された者の容疑は、下記のとおりです。

 
富山県氷見市に在住の被疑者A(男性運転手56才)は、不法アマチュア無線をトラックに開設していた。
 
[北陸総合通信局HPから(報道発表資料)]
不法無線局を開設していた被疑者1名を摘発
−富山県射水警察署と不法無線局の共同取締りを実施−
 北陸総合通信局では、平成24年5月28日、射水市内において、富山県射水警察署と共同で、車両に設置している不法無線局の取締りを実施しました。
 この結果、不法無線局(不法アマチュア無線1局)を開設していた者1名を、電波法違反の容疑で摘発しました。
 不法無線局は、携帯電話、テレビ・ラジオの受信、消防・救急無線の通信などの妨害の原因となるものです。
 なお、摘発された者の容疑は、下記のとおりです。
 
富山県射水市に在住の被疑者A(男性運転手52才)は、不法アマチュア無線をトレーラーに開設していた
 
[北陸総合通信局HPから(報道発表資料)]