活動状況
平成29年11月26日(日)
大分市少年少女科学体験スペースO-Laboで電波教室を開催
 少年少女科学体験スペースO-Laboのイベント、「AMラジオを作ろう」において、小学1年生から6年生の男女16名対象に、推進員自作資料「ラジオ工作の前に」を使用し、電波や通信に関する説明を行った後、AMラジオの製作を行うとともに、 電波適正利用に関する周知啓発活動を行いました。
 予定の2時間では完成が難しく時間超過しましたが、和やかなうちに全員完成でき、子供たちはもちろん父兄共々喜んでいました。
 なお、O-LaboのHPに当日の内容が掲載されました。
 https://www.o-labo.jp/course-show1/
電波教室の模様

平成29年7月29日(土)
大分県日出町交流広場での電波教室の開催について
 大分県電波適正利用推進員協議会は、日出町交流広場において小学生7名、保護者10名を対象に、AMラジオの製作を行うとともに、電波適正利用に関する周知啓発活動を行いました。
 中には不器用な子がいてトラブルシューティングをしましたが、参加者全員が完成しました。
電波教室の模様 集合写真

平成28年6月5日(日)
大分市市民活動・消費生活センターにおいて周知啓発活動を実施
 平成28年6月5日、大分市 市民活動・消費生活センター(ライフパル)のおもちゃ病院において、電波なんでも相談コーナーの設置し周知啓発活動を行いました。
 当日は、28組の親子ずれが訪れ、おもちゃドクター9名と共に周知啓発活動を行いました。
 修理依頼をされた玩具は40個以上あり、ラジコンやリモコンなどの動かなくなる理由や取扱い方法等についての相談を受けました。
 無線関係の玩具といえば、ラジコンカーやラジコンヘリ等があり、非接触のセンサーを使ったお絵かきボードやお話絵本など種類は多岐にわたります。

平成27年10月31日(土)
大分市における電波教室
 大分県電波適正利用推進員協議会は、「O−labo」少年少女科学体験スペース(大分市中央町)において、小学生11名とその保護者他10名に対し、電波教室を開催しました。電波教室においては、ラジオの製作を行うとともに、電波についての説明やポスターの掲示、リーフレット、メモ帳等の配布をとおして、電波適正利用に関する周知啓発活動を行いました。

平成27年7月18日(土)
大分市
における電波教室
 大分県電波適正利用推進員協議会は、「O−labo」少年少女科学体験スペース(大分市中央町)において、小学生10名とその保護者他15名に対し、電波教室を開催しました。電波教室においては、ラジオの製作を行うとともに、電波についての説明やポスターの掲示、リーフレット、メモ帳等の配布をとおして、電波適正利用に関する周知啓発活動を行いました。

平成26年10月19日(日)
JARL大分県支部ハムの集いおける周知啓発活動
 大分県電波適正利用推進員協議会は、大分市職 業訓練校において開催された、JARL大分県支部主催のハムの集いの参加者に対し、リーフレット、クリアーファイル、メモ帳等の配布をとおして、電波適正利用に関する周知啓発活動を行いました。

平成26年6月28日(土)
神楽女湖花菖蒲園における周知啓発活動
 大分県電波適正利用推進員協議会は、神楽女湖花菖蒲園(別府市)において、花菖蒲の観賞に訪れた一般の方々に対し、リーフレット、ボールペン、メモ帳等の配布をとおして、電波適正利用に関する周知啓発活動を行いました。