更新情報
・トップページ写真 2012.02.14
・地域データ 2014.06.18
・管内の情報 2015.11.26
・活動状況 2017.11.22
                    阿蘇外輪山 (写真は熊本県写真家でもある中野会長撮影)

 阿蘇山は、太古の昔、日本では最大級の活火山であったと思われます。
 多分富士山よりも高かったのではないかと思います。例えば、火砕流で高千穂峡をつくり、北部の方には福岡県までも流れています。
 また火山弾は、宮崎県の東海岸の鵜戸神宮まで飛んでいる程の大規模な噴火の後が残っています。実はその大噴火により地下は空洞化し、大陥没が起こり、残った部分が周囲約130kmの外輪(約900mの高さ)ができました。その内側に永年の間に水がたまりカルデラ湖となりました。 
 その後、再び噴火が起りカルデラ湖の中ほどに五岳ができあがったようです。
 その時、外輪の西側の一部分が壊れ湖の水は西方へ流れて熊本平野が作られたのだと想像されます。


 本県は、世界一のカルデラを持つ阿蘇を含む「阿蘇くじゅう国立公園」、大小120 の島々からなる「雲仙天草国立公園」を擁し、山あり海ありの美しい景観を誇ります。
 県内各地で温泉が多数湧出し、県民の憩いの場であると共に、貴重な観光資源となっています。
 また、「名水百選」に全国最多の4 ヶ所が選ばれていることから判るように、水道水の地下水依存度は、人口65 万人の熊本市で全て、県全体でも8割と大変水に恵まれています。


  地域データ

人口 1,801,495人(推計人口 平成25年10月1日 県HP より)
面積 7,404.89km2(平成25年10月1日 国土地理院HP より)
県 花 リンドウ
県 木 クスノキ
県 鳥 ヒバリ
県 魚 クルマエビ
携帯電話加入数 1,652.730(平成25年12月 九州総合通信局HPより)
テレビ放送 NHK 民放4局
ラジオ放送 AM NHK 民放1局
ラジオ放送 FM NHK 民放1局
コミュニティFM 3局


(連絡先)
 熊本県電波適正利用推進員協議会
 メール:
kyusyu-se@cleandenpa.net

ページトップへ 過去のトップページ写真