Clean DENPA NET

過去のトップページ写真
広島城(別名 鯉城、在間城、当麻城)

 広島城は豊臣秀吉の五大老の一人として知られる毛利輝元が築いた平城である。
名古屋城、岡山城と共に日本三大平城とも言われる、日本100名城の一つ。
天守閣は昭和6(1931)年に国宝に指定。その後、原爆投下により爆風で吹き飛ばされたとあるが、近年の研究結果では建物の自重により自壊したことが判明している。昭和33(1958)年に外観が復元され、平成元(1989)年には築城400年を機に内部改装が行われ、現在は武家文化をテーマとした歴史資料館となっている。


福山城(広島県福山市)

 福山城は、徳川幕府から西国鎮護の拠点として、譜代大名の水野勝成が1619年(元和5年)に備後10万石の領主として、入府し築いた城です。
伏見櫓は、1622年(元和8年)築城の際に、京都伏見城の「松の丸東やぐら」であった遺構を徳川秀忠が移建させたものです。白壁三層の豪華な姿に桃山時代の気風が伺えます。

close