Clean DENPA NET

過去のトップページ写真


今宮戎神社

今宮戎露天恵比寿・大黒の熊手等(縁起物)

 今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)は、大阪市浪速区にある神社。商売繁盛の神様「えべっさん」として知られ、毎年1月9日から11日にかけて十日戎(とおかえびす)が開催されます。
 福笹は、神仏分離以前に建仁寺が鎮守の社とした京都ゑびす神社によって頒布が開始されたもので、「節目正しく真っ直ぐに伸び」「弾力があって折れない」「葉が落ちず常に青々と茂る」といった特徴から、家運隆昌・商売繁盛の縁起物となりました。十日戎では、拝殿で福笹を授かり、御札と吉兆(きっちょう)と呼ばれる小宝を付ける風習が続いています。吉兆は、銭 叺(ぜにかます)・銭袋・末広・小判・丁銀・烏帽子・臼・小槌・米俵・鯛等の縁起物から成り、十日戎の参拝者は有償で吉兆を自由に選べ、福娘(毎年選出)による飾りつけが授与されます。


   大阪ステーションシティ(おおさかステーションシティ、OSAKA STATION CITY)は、大阪府大阪市北区梅田三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)大阪駅の再開発エリアを含む駅全体の総称である。2011年5月4日にグランドオープンした。  

大阪城
現在の大阪城天守閣は豊臣時代・徳川時代に続く3代目のもので、全額大阪市民の寄付金によって、 昭和6年に復興され、今年で80周年を迎えています。「大阪城天守閣復興80周年記念プロジェクト」実行委員会を立ち上げました。 この「大阪城天守閣復興80周年記念プロジェクト」は、市民団体や企業などが企画されたさまざまな記念イベントを、一年を通じて開催するもので、大阪城だけでなく、大阪の歴史・文化や大阪の街の魅力を広く発信していきます。

OBP(おおさかビジネスパーク)
 水と緑に囲まれた大阪城公園が広がる場所。
柔らかな光の乱反射を見せる川を隔て、26haの敷地を誇る街が広がります。
 古を今に伝える大阪城と調和し、緑豊かな自然が息づく「世界に開かれた国際情報都市OBP」。
 緑あふれるこの街では、超高層なビルなど15棟がたちならび、ビジネスを軸に展開する複合都市として、次代を見据えた活動が行われています。
 OBPは、水と緑と太陽を享受するビジネスオアシスです。


洪庵像と適塾の側面

入門書類

適塾(史跡・重要文化財)

大阪市北区北浜に、江戸時代当時の町屋の姿を残す適塾があります。ここ適塾は蘭学者緒方洪庵(1810年〜1863年)がこの地で全国から集まった多くの門人に24年間(1838年〜1862年)にわたり蘭学・医学を教えた学塾です。
 ここで学んだ門人たちは、幕末から明治にかけて、この適塾を巣立ち日本の近代化に貢献しました。
 昭和39年重要文化財に指定され、その後昭和51年から昭和55年にかけて解体修復工事が文化庁によって行われ緒方洪庵が居住していた当時の様子に復元されました。
 各部屋がどのような目的に使用されたかを展示し、当時の辞書や書籍などが塾生にとって極めて重要で塾生同士がそれを中心に議論を戦わせている姿が目に浮かびます。
close