Clean DENPA NET

過去のトップページ写真
 

金華山上の岐阜城

 

岐阜メモリアルセンターから
金華山(右上)を望む

 この地にはかつて、戦国時代の武将である斎藤道三公の居城の稲葉山城があったところです。
永禄10年(1567年)(一説に永禄7年)8月、不世出の英傑織田信長公がこの城を攻略し、新たに造営されたものが岐阜城です。現在の城は昭和31年7月に復興されたものです。
金華山一帯は平成23年(2011年)に「岐阜城跡」として国史跡に指定されています。日本の文化遺産としては13件目となります。  (青山推進員提供)

上空から北アルプス穂高連峰を望む
 穂高連峰は、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳などの峰々からなる。
 主峰は、奥穂高岳(富士山、北岳に次ぐ標高:3,190m)であり、岐阜県・長野県にまたがる最高峰で、「北アルプスの盟主」と呼ばれています。(住奥推進員 提供)
close