Clean DENPA NET

過去のトップページ写真
千葉県灯台シリーズ3: 大東崎灯台
九十九里浜や太平洋を望む本灯台は、終戦後に設置され、昭和47年(1972年)2度目の移設が行われ現在に至っています。



千葉県灯台シリーズ2: 勝浦灯台

房総半島東部にある灯台で1917年(大正6年)に点灯しました。関東では参観灯台以外では数少ない高塔の灯台です。


かつうらビッグなひな祭り
 勝浦市で開催される恒例の「かつうらビッグなひな祭り」では25,000体以上の人形が飾られ、 都見岬神社 ときみさきじんじゃ の60段の石段にはおよそ1,200体人形が飾られ、夕暮れにはライトアップされます。

千葉県灯台シリーズ1: 洲埼(すのさき)灯台
 房総半島南部にある館山市で最も西に位置する灯台で1919年(大正8年)に点灯しました。 洲埼灯台は、三浦半島最南端の東端にある剱埼灯台と共に、東京湾へ出入りする船舶の目印となっており、同灯台とを結んだ線をもって東京湾の境界をなしています。

館山銀座手づくり甲冑隊などの行列
 「南総里見八犬伝」ゆかりの地にある館山銀座商店街ではボール紙で作る本物と同じ出来栄えの手づく甲冑を作って商店街振興のため役立てています。

H23成田祇園まつり    7月8日〜7月10日
  門前町、成田市の夏を彩る風物詩の成田山新勝寺の成田祇園祭は、各町ごとに特徴のある計10台の山車と屋台が引き回され、熱気が包む本年は東日本大震災がらの復興を祈願する幕が掲げられ、義捐金も集められました。

日本の空の玄関口   成田空港
第2ターミナルビル

 「成田のお不動様」の呼び名で親しまれる、真言宗智山派の大本山。 天慶3年(940年)寛朝大僧正によって開基され、全国から信仰を集める成田山信仰の中心となっている。

 全国最大級のひな祭り、本年は10回目をむかえ全国から寄贈された人形2万5千体が展示されている。今年から世界84ヶ国1366体の民族人形も公開されている。

[左] 遠見岬神社:毎年60段の石段に約1200体の人形が飾られる。
[右] 日本最大級の享保びな(内裏雛)
千葉県水産情報通信センター(御宿町)。千葉県内300隻の漁船の航行安全を守っている。
close