Clean DENPA NET

過去のトップページ写真


【冬の磐梯山と猪苗代湖】

<磐梯山>
 標  高:1,816,29m
 最終爆発:明治21年7月15日
     (1888年)
         
<猪苗代湖>
 湖面高度:514m
 水  深:93m
 面  積:103.9km2
      全国第4位の面積
 湖岸線の長さ:49km
 魚  類:ウグイ、鮒、鯉、雷魚等
      20種類

 磐梯山の噴火による地盤沈下により猪苗代湖ができた。
磐梯山の北側は河川がせきとめられ小さな湖や沼ができ、夏季はキャンプ、秋は紅葉と観光地となり多数の観光客でにぎわう。冬季は多数のスキー場があり、関東方面の愛好家がおとずれる。
猪苗代湖畔には、野口英世の生家が保存されている。
夏季は湖水浴とキャンプファイヤーでにぎわい、冬季には白鳥1000羽以上が渡来する。


中津川渓谷 達沢不動滝

 

裏磐梯周辺の紅葉

※中津川渓谷
秋元湖に流れこむ全長約10kmの中津川。
西吾妻山と中吾妻山の中間にある連峰中、最も険しい渓谷で
標高差1000m以上の急流が作り出した滝は、紅葉の季節には風情がある。
レークラインの橋の上からすばらしい紅葉を見下ろすことのでき、
秋元湖サイクリングロードから続く散策もいい。

※達沢不動滝
新緑、紅葉、雪景色と四季を通じて楽しめる。
滝入口の達沢集落には福島県の天然記念物に指定されている達沢原生林があり、巨樹、巨木がうっそうと茂る。

写真提供:福島県協議会 熊谷推進員

2009.12.11
close