Clean DENPA NET
  電波適正利用推進協議会HP トップページへ
サイトマップへ
推進員ページへ
電波環境ボランティア 電波を有効に利用する仕組み 電波利用技術の共通化 電波の監視システム 相談窓口
電波利用100年のあゆみ 無線局のいろいろな役割 電波利用の保護 各ボランティアの活動 電波利用障害事例
電波の監視システム

   
  電波監視施設設置状況  各電波監視施設の性能、形状  


1 電波監視施設設置状況
 

 総務省が全国的に配置している電波監視システムDEURASの状況は、図のようになっています。
 DEURASは、不法無線局を探査するシステムの意味(Detect Unlicensed Radio Stations)の下線の文字を組み合わせた電波監視施設の呼称です。

電波監視施設設置状況
総務省の資料より


 DEURASは、その機能から4種の内容の設備に分類されます。

  • 遠隔方位測定設備DEURAS-D(DEURAS Direction finder)
  • 小型遠隔方位測定設備DEURAS-R(DEURAS Receiver)
  • 不法無線局探索車DEURAS-M(DEURAS Mobile)
  • 短波監視施設DEURAS-H(DEURAS HF direction finder)
DEURASシステムの構成図
電波監視システムDEURAS全体の構成図


2 各電波監視施設の性能、形状

 
  デューラスH (DEURAS-H)   短波帯の電波監視装置  
  超短波帯、極超短波帯(VHF/UHF)の電波監視装置   宇宙監視装置  

(1) デューラスH (DEURAS-H)
 短波帯の電波を対象とする電波監視システムです。


 
デューラスHの構成図

  センサー局の配置場所
 ・札幌(北海道)
 ・東金(千葉県)
 ・珠州(石川県)
 ・阿蘇(熊本県)
 ・石垣(沖縄県)
センター局の写真
センサー局のアンテナ

  受信周波数体:300kHz〜30MHz
測定精度:方位角度1度(2MHz〜30MHz)

センサー局の制御卓

   
 各センサ局が模擬測定した電波の到来方位線の交点と測定電波の発射源推定位置を赤円で表示されます。

センサー局の画面に表示の例
  短波放送局の電波をモデル例に測定し、画面に表示したものです。
ページトップへ

  (2) 短波帯の電波監視装置
 電波監視卓の一例
 
短波帯の電波監視卓

 受信周波数帯 300kHz〜30MHz
 監視の業務
  運用状況の監査
  周波数の監査
  混信調査
  国際監視
  不法無線局の監査
 等を行います。
・電波監視用アンテナ
  (フィッシュボーン:魚の骨)

 受信周波数帯 4〜30MHZ
 偏波面    水平
 利  得   8〜11dB
 高  さ   25m
 回転半径   15m


ログペリアンテナ


ログペリアンテナの拡大した写真

ページトップへ


 

(3)  超短波帯、極超短波帯(VHF/UHF)の電波監視装置
 デューラスシステム(DEURAS-D/R)の構成


デューラスーD/R運用構成図


電波監視を行なうセンター局
デューラスセンタ局の運用状況(総務省の資料より)

 


  ア DEURAS-D
デューラスDのアンテナ
デューラスDのアンテナ

受信周波数範囲
  25kHz〜30GHz

機能
 固定地点に設置し、デジタル電波の携帯電話、デジタルMCA、PHS等の近年の技術の進歩にも対応し自動監視および方位測定のセンサ局として機能します。
 システムとしては、当センサ局と総合通信局に設置しているセンタ局と高速デジタル回線で構成しています。

イ デューラスR
デューラスRのアンテナ
デューラスRのアンテナ

受信周波数範囲
  25kHz〜3GHz

機能
 センター局から測定すべき周波数等の制御情報をセンサ局に送りの到来方向の表示や音声モニターを行います。

ウ デューラスM (DEURAS-M)
デューラスM
デユーラスM搭載の電波監視車の例
受信周波数範囲
 25MHz〜3GHz

機能
 方探処理装置、遠隔制御装置、通信処理装置、電波の質を測定するための測定装置等で構成され、これらを搭載した移動する車両です。DEURAS-Dのセンサ局として、またセンサ局を制御するセンタ局機能を併せ持ち、GPSを搭載し全国何処へでも移動することができます。デューラスDやRのセンタ局と携帯電話回線で結ばれ、機動力を活かし、不法電波等の発生源の特定を行います。


  (4)  宇宙監視装置
 

 宇宙に打ち上げられた人工衛星から発射されるL/S/C/Ku/Ka周波数帯のダウンリンク信号のスペクトラム波形情報からキャリアを検出し、静止衛星の静止位置と各種電波の諸元等を計測します。また、違法・不法衛星の自動検出を行います。

宇宙監視システム図
宇宙監視システムイメージ図
監視できる周波数帯:
  L帯1.525〜1.710GHz
  S帯2.120〜2.690GHz
  C帯3.400GHz〜4.800GHz
  Ku帯10.70〜12.75GHz、
  Ka帯17.70〜21.20GHz
宇宙監視センター室
宇宙監視センター室


ア VHF・UHF衛星追尾アンテナ

衛星追尾のアンテナ
低域追尾周波数帯
    VHF  60〜300MHz
    UHF  300〜450MHz
高域追尾周波数帯
    UHF 400〜2600MHz


イ 宇宙監視装置

宇宙監視受信装置

運用卓

宇宙監視アンテナ
 


 

   
  電波監視施設設置状況  各電波監視施設の性能、形状  


ページトップへ
Copyright